• ホーム
  • リース車両に大きな故障が発生したときの中途解約は

リース車両に大きな故障が発生したときの中途解約は

故障による中途解約については、以下の項目に該当した場合に成立致します。故障による中途解約は、当社の判断に委ねられています。


 


下記の例をご参照ください。



1.当社が、故障を修理しても修復できないと判断した場合には、中途解約の手続きを実施致します。


 


2.当社が、故障修理に多額の修理費用が発生すると判断した場合には、中途解約出来るものと致します。


 



例)一か月 ¥16、200 オートリースで、契約月数の残りが、6ヶ月ある車両に上記のような不具合が発生したことにより中途解約が成立した場合で、先にリース料をお預かり頂いている場合は、未経過残期間のリース料 ¥97,200円をご返金致します。


※故障による中途解約の日割り返金は、車輌の引取り翌日からの計算になります。


 


 


※ 事故の場合、中途解約し返金処理と同時に全損価格のお支払が発生します。
  


例)一か月 ¥16、200 オートリースで、で、契約月数の残り3ヶ月になったとき、全損事故を起こしてしまった。


 


設定全損価格130,000円のクルマが全損事故を起こした場合、中途解約の返金が45,000円(残り3ヶ月)ありますので差し引き85,000円を当社にお支払いいただくことになります。




※安いクルマを買って、大きな故障で、泣く泣くクルマを手放すことに


なった場合には、買った代金の一部も戻ってくることはありまません






 Auto Lease 500(オートリース500)の場合は大きな故障が起こっても、その時点で契約を中途解約しますので、それ以降のお支払いは発生致しません。






万が一の全損事故や車両故障で、クルマが動かなくなったときでも、クレジットのお支払いだけ残るようなことがない。良心的な Auto lease 500 (オートリース500)なら安心です。





あったらいいなを実現します!の株式会社カーズアップエイトが




ご提供する借りるという選択肢 オートリース500大阪












24時間いつでもメールは受け付けております。











「Auto Lease 500 」及び「オートリース500」は



アクトジャパン株式会社の登録商標です。




現在貸出中リース車両