• ホーム
  • 本体価格30万の中古車との違いは?

本体価格30万の中古車との違いは?


Auto Lease 500(オートリース500)は毎月15,000円~程度の


支払だから、30万円のクルマを2年ローンで買う方が得なのかな?


って思ってしまうのは、実は当たり前なんです!


でもよーく考えて見ると、クルマの購入代の他に毎年来る自動車税、


車検代(重量税、自賠責保険代)などのランニングコスト(法定費用)が


掛かってしまう・・・。


一方、Auto Lease 500(オートリース500)では、


心配の一つとして数えられる、法定費用がリース料に含まれているから、


購入と比べて、ランニングコストでの不安が少なく


トータル出費で考えると大きな差となって現われてしまうのです。


さらに、一度購入したクルマは、万が一の大きな故障が発生したら、


その修理代は、ご自身で、負担し実費修理することになります。


Auto Lease 500(オートリース500)なら、エアコン故障などの


大きな修理が発生した場合は、その時点でリース契約を終了致しますので


お客様に修理代等の大きなご負担が、かかってしまうことはありません。


もし、買ったクルマが大きな故障が発生し、修理をあきらめたら、


それこそローンだけが残ってしまい、下取りもゼロに近い金額・・、


おまけに廃車費用を負担することになるかもしれません。


Auto Lease 500(オートリース500)なら、月極のリース契約


ですので、自動車税や車検代などの無駄な出費はゼロ。


しかも万が一の大きな故障の際でも廃車費用の不安もゼロ。


安いクルマを買うのなら、Auto Lease 500(オートリース500)


方が、ずっとお得な選択だと思います!


考えて見てください!


例えば、2年乗るつもりで車輌本体30万円の2000CCワゴンを買って、


車検代・自動車税・重量税・自賠責保険・名義変更費用など含めた


購入総額が、約48万円くらい


2年半リースをする費用とほぼ同じ金額になるんです!


更に購入された場合は、毎年の自動車税が(2000CCまで39,500円)


がかかってきますので、その差はもっと!


目安として、3年以上のリース契約をご希望の場合は、


30万円の中古車を御買上げされることも検討に値する


メリットのある選択肢だと思います。


Auto Lease 500(オートリース500)では、万が一の


大きな故障の際でも、大きな出費の心配無しに乗れる、


中古車を短期的に足替わりとして使う方のベストな節約カーライフの


一つだと思います。




あったらいいなを実現します!の株式会社カーズアップエイトが

ご提供する借りるという選択肢 オートリース500大阪



24時間いつでもメールは受け付けております。

ご返信は営業時間中は5時間以内にお答え致します。






「Auto Lease 500 」及び「オートリース500」は

アクトジャパン株式会社の登録商標です。






リース中 車種